ピークは20代

現代の晩婚化により、妊娠、出産の年齢というのは次第に高齢化しているといえるでしょう。

このような傾向から、30代半ばまで「まだ焦らなくても大丈夫」という考えを持つ人が増えているように感じられます。

しかし、妊孕性といった観点からみると、生殖機能のピークは20代前半がピークと言え、それ以降は年々低下していくと言われているようです。

希望的観点から見ると「妊娠できる能力」というのは残っていると言えますが、妊娠しやすい確率は、20代と30代では半分の差があるということを覚えておきましょう。

このことから分かるように、30代半ばだから「焦らなくても大丈夫」という言葉はとても信用できない言葉と言えるのではないでしょうか。

大切なのは、自身の体と向き合い、早めの準備を心がけることと言えるでしょう。30代の場合、少し余裕をもって不妊検査や不妊治療を検討して置くことも必要なのではないでしょうか。